決算発表に思う

大手企業による4月~6月の第一四半期の決算発表ラッシュがひと段落しつつあります。
私もこの時期は日経新聞の決算の紙面を興味深く見ておりますが、どの企業が、というよりもぱっと見た感じ減収、減益の文字が非常に多いように感じます。
コロナの影響がいかに大きいものか物語っています。

 

そんな中、好調、もしくは厳しいながらも健闘されている会社があります。
トヨタ自動車、日本電産、ニトリ、アイリスオーヤマ。
もちろん、好調、健闘している理由はコロナによる特需もありますし、いろいろな要因があると思います。

 

そこで私はこの4社の共通点について考えてみました。
その共通点は社長がいずれも創業家出身(あるいは創業経営者)である、ということです。

 

この4社だけを取り上げて、オーナー経営者は危機に強い、というのは浅はかかもしれませんが、少しその理由を考えてみたいと思います。

 

私の仮説ですが、オーナー経営者は常に「長期でものを考えているから」だと思います。
「長期でものを考える」とはどういうことでしょうか。
例えば10年後、20年後の自社の環境についてであったり、BCPであったり、そういったことをオーナー経営者は常に考えているから、いざというこのような危機に強い、と私は思うのです。
もちろん、雇われ社長がこのようなことを考えていない、とはいいません。
当然、考えていると思います。ただし、どうしても「数年の自分の任期中をどうするか」ということをまず第一に考えるものではないでしょうか。
「長期でものを考える」ことについてオーナー経営者には及ばないのが普通です。

 

まだまだコロナの影響は続き、しばらく「ウィズコロナ」の時代が続くのでしょう。
そのような中で、長期でものを考え、それに向けて今日からでも実践してみる、という姿勢が大事だと思います。
その積み重ねが「アフターコロナ」を迎えたときに大きく花を咲かせるはずです。

その他の記事

2021年02月06日

ここまでやる

先月、日経新聞で全5回にわたって「セブンイレブン ここまでやる」という記事が掲載されていました。 どういった内容かというと、環境問題への対応、新商品開発など、色々な分野でセブンの一歩も二歩も踏み込んだ取り組 みについて紹 […]

2021年01月18日

美糖舎ローンチのお知らせ

今回は、昨年の秋にローンチした自社ブランド「美糖舎(びとうや)」についてお伝えしたいと思います。   弊社は山形、仙台、北海道、東京、香港、台湾などの地域のお客様に食品の原材料で大変お世話になっております。 良 […]

2020年07月10日

現場実習

コロナウィルスが大きく経済に影響を与えておりますが、その中でこのような記事を目にしました。 コロナの影響により、生産調整が続いているため、トヨタ自動車の新入社員が工場と販売店の実習をせず配属を前倒しする、という記事です。 […]

2020年04月24日

「コロナに思う」に思う

新型コロナウィルスの影響で、私たちの生活は一変しました。 仕事や私生活の多くの場面で改めて日常の有難さを感じる日々を過ごしています。   そんな日常の中、私にはささやかな楽しみがあるのです。 それはテレビ東京の […]

2020年02月14日

松下幸之助記念館を訪れて

昨年、大阪に出張する機会があり、予定まで少し時間があったので、松下幸之助記念館に訪問してきました。 場所は門真のパナソニック本社の敷地の中のパナソニックミュージアムの一角にあるのですが、私は以前、製造業に勤めていたという […]

コラムー知恵の時代の働き方とは
2019年10月31日

知恵の時代の働き方とは

先日、世界を代表するIT企業に行く機会がありました。 これまで色々な会社にお伺いさせていただくことがありましたが、今回とても勉強になったことが二つありました。   一つは非常にダイバーシティが進んでいること。そ […]